約3年前、見事に桜が満開の中、希望と不安を抱え高校に入学したであろう長男。

IMG_4703

あと数日で【卒業式】🎓  を控えた先日、学校よりメールが届いた。

新型コロナウイルスの感染が確認され、今後感染拡大の可能性も疑われることから、感染リスクを最大限抑えるため(中略)大変遺憾ではありますが、令和元年度卒業証書授与式は教職員と卒業生のみでの実施とし、保護者の皆様の参列をご遠慮いただく運びとなりました(後略)

卒業生や先生方は勿論、保護者も我が子の大切な日を見届けたい気持ちは当然。

賛否両論あるのも当然。

そんな中、学校としての判断も現状を見ると当然。
ニュースでは卒業式を中止にしている学校がある中、最大限の配慮なのかも知れない。


《そんな時こそ!いや、こんな時だからこそ、発想の転換❗️》

最低を最高に変換】
※時期的に不適切な発言である事は重々理解した上で.....

現状をすぐに変える事が不可能な以上、マイナスをポジティブに考えようぜ!!

卒業生先生も数年・数十年後だって、絶対に忘れられない思い出になる卒業式!!

普通の卒業式ではなく、この年の卒業生だけが経験出来る強烈な想い出。

と、ポジティブ変換してみてはどうでしょう!?


東京オリンピック2020’を目前に控えた今、
国・都道府県・市町村・企業・学校・団体・個人の判断が重要な時期。

人は知らない事に恐怖を感じる。 無頓着・楽観視や人任せはダメ!

デマの情報に振り回されず、むやみに怖がるのではなく、
正確な情報と的確で適切な判断・行動が大切だと思います。

そして数年後には(今で言う2009年に世界的大流行した新型インフルエンザ)の様に、
『俺達はあの新型コロナ年の卒業生』と笑って話せる時が必ず訪れる!
と、考え方を変換してみては如何でしょう。